物流と貿易を知る:業者と通関の働き

通関

system

国と国との間にある国境をまたぎ、売買関係が結ばれることがある。そのことを貿易と呼び、国外へ物が出て行くことを輸出、入ってくることを輸入と呼称する。
国内に入ってくる物は、物流業者によって輸送船や輸送機から下ろされ、流通加工を受けて国内の物流に回されることになる。しかし、その前にひとつ、「通関」という手続きが行われる。
通関とは、財務省の部局のひとつである税関を、輸入品が通ることを意味する。その目的は、荷の内容の調査と確認、それから関税と呼ばれる税金の徴収である。

内容の調査と確認がなされるのは、届け出の数と同じかを見るためと、違法な品が混じっていないかを見るためである。
麻薬探知犬や金属探知機を使用した、違法な銃器や薬品などの有無をチェックするのである。
この手続きが終わるまでは、輸入品が海港や空港から国内へ入ることは許されない。

関税

関税は、通関の際に輸入品に課せられる税金のことである。輸入品の金銭価値を基準として税率を決める方法と、数量が基準となって決まる方法とがある。それぞれ、従価税と従量税という名称で呼ばれる。
日本では、前者の従価税が基本となって関税が定められている。

このような税金が存在している理由には、財政収入と保護貿易の方法という二つのものがある。
前者はそのままの意味で、国が税収のひとつとして関税徴収を行うというものである。もうひとつの「保護貿易の方法」というのは、輸入品の大量流入によって国内の産業が衰退するのを防ぐということを意味している。
関税の数字を大きくすることで、自動的に国内流通の値段が上がる。それだけ、輸入品と国内生産品との差が埋まることになるのである。

ナックス

現代の通関は、NACCS(ナックス)と呼ばれるコンピュータシステムによって運用されている。
このシステムを用いることによって、輸送船や輸送機が海港や空港を出入国し、輸出入の品が出入りするときの流れを効率よく進めることが出来るようになっている。

ひとつひとつの「通関」をスムーズに行うため、通関を中心とした輸出入に必要なデータの保存や操作を、一元的にナックスで行うのである。
通関そのものに限らず、輸入されてきた品や輸出されていく品の保管や流通加工の手順、必要な手続きなどがこのシステムで管理される。
また、関税の徴収についての業務もナックスが行なっている。銀行振替の手続きも、このシステム内で管理されているのである。

グループ

ニュース

2014/04/09
輸入
2013/10/15
通関
2013/10/15
貿易